2008年12月05日

冬の料理

冬の気配もだんだん本格的になりつつあり、12/21(日)は冬至を迎えます。
元気に過ごせるように、今回はこの季節にふさわしい根菜や海藻(黒色)を使ってみましょう。ただ、食べすぎは禁物ですし、重いものばかりでなく軽い食材も少しは欲しいので、ちょっと工夫してみます。

冬の料理【牛蒡のキンピラご飯】(a)
【大根と柿のサラダ】(b)
【高野豆腐とひじきの煮つけ】(c)
【白菜と玉ねぎのスープ】(d)
【蕎麦団子ぜんざい】(e)
【たんぽぽコーヒー】(f)
※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。


作り方は、とっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

信州のイロイロおやきを作ろう!!

このところ、秋めくスピードには驚くべきものがあります。秋から冬を堪能できる食べ物の一つが『おやき』。信州の豊富な食材と先人の知恵が結集しています。

イロイロおやき1【そば粉のおやき(オーブンで焼く)】(a)
【キノコおやき(焼いてから蒸す)】(b)
【ミックス野菜おやき(葉に包んで蒸す)】(c)
【味噌大根おやき(蒸す)】(d)
【米粉のおやき(茹でる)】(e)
【きのこ汁】(f)
【ニラせんべい】(g)
※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

作り方は、いたって簡単・・・
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

秋から冬にかけての料理

今年は、秋を少々実感しにくい気がしています。しかし、暦の上では昨日10/20が秋の土用入り。11/7には立冬を迎え、次第に冬の気配が忍び寄るようになります。

この時期は気温の低下が空気の乾燥を招き、菌が活動しやすくなる時期。美味しい食べ物で一杯の季節だけに(笑)、食べ過ぎには要注意です。エネルギーが胃腸に集中していると、カラダは免疫力まで力を回せないので、もし風邪をひいたら食事をしないくらいで丁度良いかもしれません。昔から栄養のあるものを食べて・・・といいますが、それは風邪が治りかけてからの方が良いようです。

そしてもうひとつ、「皮付きを丸ごと食べる」と良いようです。食べすぎは下水の役割を果たしているリンパ系を目詰まりさせやくしますが、皮に含まれるミネラルや豊富な繊維質が排泄を促してくれます。更に、血液の循環を良くしたり発汗を促して、つまりを出しやすくすることも効果的です。

秋から冬にかけて今回は、秋の食材を「皮付き丸ごと」使って、調理法にも気をつけながら、秋から冬にかけての料理です。

【栗ご飯】(a)
【ねぎ味噌】(b)
【揚げ豆腐の角煮】(c)
【焼きシシトウ】(d)
【牛蒡とマッシュルームのバルサミコ炒め】(e)
【白サツマイモのすり流しスープ】(f)
※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

作り方は、とっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

土用の料理

ついこの間まで、暑い暑いと言っていたはずなのに・・気候の変化は、あっと言う間ですね。このところ、急に冷え込んで来たように感じていますが、実は秋ももう終わりに近づきつつあるのです。暦の上では、立秋(8/7)、立冬(11/7)となっていて、間もなく秋土用(10/20〜11/6)に入ります。

「土用」というのは、今では話題になるのがほとんど夏(土用)だけで、ウナギの話題がほとんどです。しかし、元々は各季節の変わり目に配されていて(各季節の終りの約18日間)、季節の交代の潤滑油的な時期と考えられています。

五行思想では、この時期に「土」を充てています。二つの性質(「終わった季節」を土に還し「新しい季節」を育くむ)を上手く言い当てているように思います。

昔の土用は、立夏・立秋・立冬・立春の前の18日間でした。
現在では、太陽の運行に基づいて期間が定められているそうです。
*春土用:黄経27度の点を通過する瞬間から立夏(45度)まで
*夏土用:黄経117度の点を通過する瞬間から立秋(135度)まで
*秋土用:黄経207度の点を通過する瞬間から立冬(225度)まで
*冬土用:黄経297度の点を通過する瞬間から立春(315度)まで

今回のメニューは、陰陽五行で土に配されている丸い野菜を中心に、それから秋冬に向かって、少し濃い目の味付けにしてみました。

土用の料理【ひじき玄米ご飯】(a)
【丸い野菜のスープ】(b)
【ミニ人参のオーブン焼き】(c)
【ピーマン&キノコの醤油煮】(d)
【黒豆プディング】(e)

※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。


作り方は、とっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

インド料理2

『一年の内で最高気温を出すのは立秋から処暑までが最も多い』そうです。今年は、お盆を過ぎたら急に涼しくなって来ましたが、昼間は8/23の『処暑(暑さがまだ停っている)』の余韻がしばらく続くかもしれません。

今のうちにスパイシーなものを食べておきたくなりました。
今回はインド料理をご紹介します。
インド料理2-1【インドの国の形! ナン】(a)
【チャナマサラ】(b)
【ズッキーニとジャガイモのサブジ】(c)
【トマトとキュウリのライタ】(d)
【人参のハルワ】(e)
【CHAI】(f)
※写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます

作り方は、いつものように簡単です。
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

四川料理

本格的な夏を前に、四川料理をご紹介します。

四川料理は、一般には山椒(花椒)や唐辛子などの香辛料を効かせる辛い中華料理として知られています。痺れるような辛さを指す「麻辣(マーラー)」が味の中心で、中国の他の地方に比べて香辛料を多用します。

地元の人曰く、「四川は盆地で、湿気が多く体に悪い。だから辛いものを食べて汗をかいて健康を保つ。」とのことです。スパイスを多用するインド料理やタイ料理と同様、高温多湿の地域ならではの食の工夫がみられます。日本でも時には、見習いたいです。

そこで、定番メニューを取り上げてみました。
四川料理【坦坦麺】(a)
【青椒畑肉絲】(b)
【麻婆茄子】(c)
【四川風春雨とトマトのスープ】(d)
※写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

作り方は、夏にピッタリ手軽で簡単。
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

美味しいお弁当作り

ずいぶん暑くなってきましたが、お出かけが楽しい季節です。
行楽や行事のお弁当作りにも、いつもと違う一工夫をしてみましょう。

美味しいお弁当作りのポイントです。
1.食べるまでの時間でメニューを決める
2.冷やして盛り付ける
3.季節、保存場所を考える
4.腐敗を防ぐ素材を使う(梅干、生姜、わさび、レモン、酢、スパイス、ハーブ、油分=但し酸化はしやすい、糖分、塩)
5.水分を考える
6.基本的には素材に火を入れる
7.キッチンをいつも清潔に保つ

ランチBOX
今回のメニューです。
【シードご飯】(a)
【コーンとひじきのサラダ】(b)
【雑穀コロッケ】(c)
【スパゲッティーのじゃがいも和え】(d)
【即席VEGEピクルス】(e)


※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

作り方は、とっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

夏の料理

今年も立夏(5/5)が過ぎ、夏になりました。
気候の変化は、あっと言う間ですね。

次のような料理で、夏向きのカラダ作り始めは如何でしょうか。
夏の料理・にら&きび丼(a)
・たっぷり大根のスープ(b)
・SALADA(きびドレッシング)(c)
・山菜のくるみ&八丁味噌和え(d)
・苺と押し麦入り豆腐カスタード(e)

※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

作り方は、とっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

活気あるスペイン料理

おしゃれで美味しいスペイン料理を、春の食材で作ってみました!

活気あるスペイン料理・春のガスパチョ(a)
・スペイン風オムレツ(b)
・人参とオレンジのサラダ(c)
・ひじきとパスタのパエリア(d)
・シナモン風味のほろほろクッキー(e)
※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。


作り方はとっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

春の料理

今年も、少しずつ春らしくなってきました。
生活も早めに切り替えてみませんか?

食材を春らしいものにして、調理の火加減も軽くすると、毎日の食事の様子が随分変わってきます。

例えば、このような簡単で美味しいメニューはいかがでしょう?

春の料理・黒ごま玄米ご飯の稲荷寿司(a)
・和えもの3種-ひじきと玉ねぎのマリネ(b)
・和えもの3種-ウドとクコの実のオリーブ和え(c)
・和えもの3種-菜の花とえのきの白ごま和え(d)
・春キャベツとハト麦のスープ(e)
・小豆の白玉もち(f)
※右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

作り方はとっても簡単!
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。