2011年04月29日

初春のお料理

すっかり遅くなってしまいましたが、2/22料理教室のレシピをご紹介します。
この時期は、芽の物、青い物、酸味の効いたものなどが普段以上に身体に沁みます。春の気を上手に取り入れ、ココロとカラダのエネルギーを入れ替えましょう!

初春のお料理1(a)豆腐と青菜の玄米キッシュ
(b)ROLL春キャベツ
(c)ウドの梅酢漬け
(d)セリの油揚げ和え
(e)菜の花スープ
(f)笹もち

写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。
■(a)豆腐と青菜の玄米キッシュ
ボウルに玄米ごはん、豆腐(木綿豆腐をできるだけ滑らかにつぶしておく)、米粉、妙めた野菜(回し切りした玉ねぎ、3cm位に刻んだ青菜)、塩を入れてゴムベらで混ぜたら、タルト型に敷き詰めて180度のオーブンで25分程焼き上げる。粗熱が取れたら切り分けて出来上がリ。

[タルト型用生地の作り方]
菜種油と水と塩を混ぜ合わせたら、地粉をふるっておいたボウルに加え、こねないようにさっくりと合わせて生地を一塊にする。麺棒で厚さ5mmくらいになるまで伸ばしタルト型に敷き詰める。ピケをして160度に温めたオーブンで20分下焼きをする。

■(b)ROLL春キャベツ
キャベツはさっと茄でておく(茄で汁は煮汁として使うので、塩は入れない)。キャベツの芯に近い部分は薄く切ってみじん切りにする。雑穀はよく洗い1.5カップの水に塩一つまみを加えて炊く(沸騰したら弱火にして15分)。玉ねぎ、しめじはみじん切りにして水妙めし、葛粉は分量の水で溶いておく。
ボウルに炊いた雑穀、妙めた野菜、溶き葛粉、ナッメグ、塩、キャベツの芯を加えてよく混ぜ、等分にしてまとめたものをキャベツで巻きこんで、爪楊枝などで止めてROLLキャベツにする。
煮汁を準備した鍋にROLLキャベツを敷き詰めて、落とし蓋をして沸騰してから20分程弱火で煮て出来上がり。
[煮汁を作る]
人参、セロリは10m位の角切にして水炒めして、キャベツの煮汁、押し麦、ローリエ、塩.こしょうを加える。

■(c)ウドの梅酢漬け
ウドは皮を剥いて3cm<らいに短冊切りする。梅酢とだし汁を合わせてウドを加え、30分程潰ける。器に盛リ付け大葉の千切りを散らして出来上がり。

■(d)セリの油揚げ和え
だし汁と醤油を合わせたら、(塩ゆでして3cm位に刻んだ)セリ、(熱湯で油抜きして千切りにした)油揚げを数分浸す。軽く汁けを切って、器に盛り付けてラディッシュのスライスを添えて出来上がり。

■(e)菜の花スープ
菜の花は1cm位に刻み、椎茸はスライスし、長ネギと生姜はみじん切りにしておく。
長ネギと生姜を油妙めし、香りが出てきたら椎茸を加えて菜の花も妙める。水を加えて沸騰してかたら、弱火にして5分程煮る。(水で溶いた)葛粉を加えて、更に3分程煮る。塩、リンゴ酢、醤油、すりごまを加えて味を調えたら火を止める。

■(f)笹もち
白玉粉に塩と水を加えて合わせたら、更に玄米粉、上新粉を加えてから、熱湯を加えて木べらなどでよくこねる。手で触れる位に冷めたら、更に捏ねて耳たぶくらいの柔らかさにする。
いくつかにちぎって手でつぶしたもちを、蒸気の上がる蒸し器に入れて強火で20分蒸す。蒸しあがったら、冷水をかけて湿めらせたまな板にのせて捏ねる。滑らかになったら等分に分け、手で餅を伸ばし餡を挟んで笹の葉を巻いたら出来上がり。

以上、簡単にできる春先の料理でした。
今年はもう遅くなってしまったので、来年お試しください!


posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。