2010年09月27日

お惣菜特集

家庭の味をおしゃれに!お惣菜特集です。
簡単にできるので、以下お楽しみに!

お惣菜特集1■きび玄米ご飯団子(a)
■ドライフルーツのクイック蒸しパン(b)
■切干大根のかき揚げ(c)
■イロイロ豆のハーブマリネ(d)
■小松菜とワカメの酢味噌胡麻和え(e)
■人参とモヤシのナムル(f)
■簡単!手作りカップ豆腐(じゅんさい餡かけ)(g)
■海苔の佃煮(h)
■トマトの味噌汁(i)

写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。
■きび玄米ご飯団子(a)
もちきびは3、4回水を変えて綺麗に洗い、玄米と一緒に炊く。
炊き上がったら、お櫃にあけて粗熱をとり丸めて大きめの団子を作る。軽く塩を振りかけて出来上がり。
[圧力釜で炊く場合の目安]
圧力がかかってからは弱火で約25分、火を止めたら15分又は圧力が下がるまで蒸らす。

■ドライフルーツのクイック蒸しパン(b)
ボウルに薄力粉と天然重曹は振るっておき、それとは別のボウルで豆乳、米飴、塩を溶いてレーズンを加えておく。粉の入ったボウルに液体を加えてゴムベラで切るように合わせる。
カップなどの容器に入れて蒸し器に入れ、しっかりとした蒸気で20分蒸しあげたら出来上がり。

■切干大根のかき揚げ(c)
切干大根は水でサッと洗って水けを切っておく(水に漬けすぎない)。細ネギとニラは約3cmに斜め切りし、人参は3cmくらいの千切りにしておく。
ボウルに米粉適量と水を加えて作った溶き粉をつけて、180度の油でこんがりと色がつくまで揚げる。揚がったら塩を軽く振りかけておく。

■イロイロ豆のハーブマリネ(d)
豆を煮る。人参、セロリ、玉ねぎは豆の大きさに合わせて角切りにし、調味料(オリーブオイル、リンゴ酢、レモン汁、塩、甜菜糖、お好みのハーブ)を合わせておく。
豆が炊きあがる直前に野菜を加えてサッと合わせて火を止め、温かいうちに調味料を加えて味をなじませて出来上がり。
[豆の煮方]
大豆、インゲン豆などは一晩(2倍の)水に漬けて戻す。4〜6倍の水に新しく取り替え火にかけ、沸騰したら中火で灰汁を取り除きながら、必要であれば差し水をして柔らかくなるまで煮る。
この灰汁は、カリウムが強いので取った方が良いと思われます。
小豆、レンズ豆の場合は浸水としません。直ぐに炊き始められ、3〜4倍の水で柔らかくなるまで煮ます。

■小松菜とワカメの酢味噌胡麻和え(e)
小松菜は塩ゆでしたら3cmくらいに刻み、塩蔵わかめは塩抜きをして刻み、ラディッシュは薄くスライスしておく。
胡麻ペースト、味噌、米酢をよく混ぜたら全てを和えて出来上がり。

■人参とモヤシのナムル(f)
人参はモヤシと同じ大きさに千切りにし、モヤシはひげ根を取り除いてサッと熱湯で茹でておき、胡麻は妙っておく。
全てを合わせて出来上がり。

■簡単!手作りカップ豆腐(じゅんさい餡かけ)(g)
にがりと水をやさしく合わせておき、豆乳とよく混ぜたらコップなどに盛り分けておく。
蓋付きの大きめの鍋にコップごと入れ、沈まない程度のお湯を沸かしたら蓋をして20分おく。
固まった豆腐の上に、熱湯にさっと湯通しして冷水にとったじゅんさいと調味料(醤油、米飴、レモン汁、梅酢)を合わせてかけたら出来上がり。

■海苔の佃煮(h)
板海苔は手でちぎっておき、椎茸はスライスしておく。
椎茸を水妙めして、椎茸の陰性な香が飛んだら水と醤油、米飴、みりんを加え、木ベラで混ぜながら焦げないように注意して水分を飛ばして出来上がり。

■トマトの味噌汁(i)
玉ねぎは回し切り、トマトは大きめの角切りに、パセリは刻んでおく。
玉ねぎを水炒めし、香りが甘くなったら水を加え、沸騰したら3分程煮てから味噌、トマトを加える。
器に盛りつけてパセリを散らして出来上がり。

事前に準備が必要なメニューもありますが、いずれも簡単です。
あと1品欲しい時に!
常備菜として!

器選び、盛り付けもお楽しみください。
posted by ナチュラルファクトリー(代表 オバタ) at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室(レシピ&写真付き) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。